もう10年くらい前、まだ物着星を開業する以前から携わっている仕事があります。
1年~2年に一度の間隔で受注するその仕立て物は、なんというか「仕立てる」仕事について色々な気持ちを呼び起こすので、有り難くもなかなかに取り掛かりにくいご依頼だったりします。。。死産の乳児向け産着を作る仕事なのです。

手作りだからこその自負があるし、大切な仕事だと強みにもなるけど…切ない気持ちになります。