ここ数年で着物からリメイクする洋服作りがずいぶん認知されてきた と実感しています。そんなリメイクでお仕立ての依頼も多いです。

で、今回は絽の着物からワンピースをお仕立てしました。
フォークダンス用の衣装です。
ダンス衣装なので、スカートの下にはパニエを履く前提で裏地は付けずに透けたままになっています。
上体は透けても響かないベージュの八掛で裏地を付けています。
表地と同系色ではなく肌色に近いベージュを使う方が透け感を残しつつ見た目には響かないので、絽の場合の裏地はベージュがおススメです。袖は裏地無しで透けます。
衿の芯は薄くてアイロン接着でないものにすると良いですが、接着芯でも糊がそれほど気にならないようなら使用には問題ないです。

フリルのティアード


リメイクのご依頼、すごく増えていますね。
特に着物の中でも紬や絣などのリメイクは人気ですし、正絹でも小紋だとお洒落な洋服に使っているのを見かけます。物着星でも小紋のリメイクにはブラウスやチュニックをお勧めしています。
ところが、リメイクに不向きな着物認定されているものもあって。。。華美な振袖や留袖は使いどころがない とか、透け感の強い絽と紗の着物は何に出来るか分からない とか、お客様からも度々聞きます。
確かにそうですねぇ。
ただ、好みもあるのでなかなか難しいのですが、、、絽のリメイクはおススメなのですよ。
さらっとしているのでパーカーや夏物のジャケットにすると重宝します。見た目に透けるだけでなくレースの様に穴が開いているので長袖にしても涼しいです。皺にもなりにくいです。
もし、使いどころなく仕舞い込んでいる夏の着物があるのでしたら、一度リメイク素材としてご検討ください~。


ブログランキングに参加しています。ぜひ物着星に一押し、よろしくお願いします。人気ブログランキングへ