DSCF0066

金糸銀糸で刺繍を施したキラキラの帯を、大判の肩掛けバッグにリメイクしました。
大きな蝶と花の模様が爽やかな配色の刺繍で描かれています。
帯幅をそのまま使っていて、かなりの大容量です。
上部はファスナー開きで、肩紐の他に持ち手も付けました。

帯のバッグを作る時、接着芯を貼るか貼らないか、いつも見極めに悩むのですが、今回は底の部分にだけ硬めの接着芯を使っていて、そこ以外は加工せず帯そのままを使っています。なので内側も帯の生地のままなのです。

今までにない作り方でしたが、結果的に上手く仕上がったと思います。金糸銀糸のびっしり刺繍でそこそこ強度のある帯だったら、この作り方が良いのかもしれません。
今回の仕立てはなかなか難しかったですが、リメイクは本当に奥が深い、、、お客様のご希望を形にする方法を考えていくのがとっても面白いです。こうして様々な仕事を頂けるのもとっても有難い。

帯のバッグ、今後もどんどん作るぞー。


ブログランキングに参加しています。ぜひ物着星に一押し、よろしくお願いします。人気ブログランキングへ